教育賞

日本歯周病学会教育賞とは

歯周病学教育の発展に寄与した課題を表彰することを目的としております。
表彰対象は、歯周病学の教育の発展に寄与する課題です。
応募資格は、課題代表者が本学会の会員であること、過去に同一の課題で本賞または他学会における同様の趣旨の賞を受けたことがないことが条件です。
なお,本賞は副賞として医歯薬出版株式会社のスポンサーシップを得ており、受賞者には本賞(表彰状)のほかに、副賞賞金が贈られます。
応募の条件が規定されていますので、日本歯周病学会教育賞規程ファイルを一読の上、応募して下さい。

日本歯周病学会教育賞規程

日本歯周病学会教育賞(2016年度)募集のお知らせ

応募期間:平成28年11月1日(火)~12月16日(金)(消印有効)

応募要項

  1. 提出書類
    1. 申請書(その1)(その2) (46KB)
    2. 図表や論文などの抄録以外の追加資料(任意)
  2. 書類の送付先
    日本歯周病学会事務局宛
    〒170-0003 東京都豊島区駒込1-43-9 駒込TSビル4階
    特定非営利活動法人日本歯周病学会教育賞係

ページ先頭へ

日本歯周病学会教育賞 受賞者一覧

年度 筆頭著者 所属 演題
2015 鵜飼 孝 長崎大学病院歯周病治療室 ペリオ模型を用いたスケーリング・ルートプレーニング時の歯肉縁下へのアクセス状態の検討
2014 佐々木大輔 岩手医科大学歯学部歯科保存学講座歯周療法学分野 歯周病学教育の新カリキュラム導入
2013 原田悠介 東京医科歯科大学歯学部 歯学科学生に対する歯周ポケット測定訓練用顎模型の訓練効果
2012 関野 愉 日本歯科大学生命歯学部歯周病学講座 歯学生のリサーチマインドを育成する「生命歯学探求」の実際
2011 小田 茂 東京医科歯科大学歯学部附属病院歯科総合診療部 東京医科歯科大学歯学部歯学科・口腔保健学科合同クリニカルケース検討授業-歯周治療症例を通してのチーム歯科医療理解への試み-
2010 斎藤 淳 東京歯科大学口腔健康臨床科学講座 歯周病学の卒後研修におけるフォーマルディベートの導入について導入について(1MB)
2009 伊藤菜穂 日本歯科大学附属病院総合診療科 基礎臨床実習でのSRPに対するOSCE~5年間の結果~(783KB)
2008 吉田直美 東京医科歯科大学歯学部口腔保健学科 歯科衛生士教育における医歯学シミュレーション教育システムの活用と評価(147KB)
2007 富田幸代 東京歯科大学歯周病学講座 スケーリング・ルートプレーニングのシュミレーションシステムの開発(103KB)

OHASYS

※会員カードの発行は春季・秋季学術大会前の年2回となります。予めご了承ください。

ページ先頭へ