文字のサイズ
  • 小
  • 中(デフォルト)
  • 大

日本歯科専門医機構関連

「歯周病専門医」認証について

歯周病専門医制度は令和2(2020)年11月2日付で日本歯科専門医機構の専門医制度として認証されました。これに伴い、従来の専門医制度と変更となる点、お願い等についてお知らせします。

1)歯周病専門医の認証書発行について

従来、歯周病専門医の新規・更新の認定時には、日本歯周病学会からの「歯周病専門医認定証」を送付しておりましたが、今後日本歯科専門医機構からの「認証書」も発行されることになり、2枚の「認証書」が届きます。なお、認証方法については、厚生労働省の指導により、歯周病専門医を一括して認証するのではなく、2019年度以降年度ごとに、新規・更新合格者を対象に順次行う形となります。
※本学会作成「歯周病専門医記念の楯」もご希望であれば引き続き発行いたします。
※最新情報は下記をご参照ください
日本歯科専門医機構「歯周病専門医」認証に伴う新規・更新申請について(2021.8.20現在)(151KB)

2)「歯科専門医検索ナビ」

日本歯科専門医機構のwebサイトにて認証専門医検索用Webページ「歯科専門医検索ナビ」が立ち上がる予定です。

3)日本歯周病学会の方針について

令和3年度春季総会配布資料をご参照ください。

参考)過去の日本歯科専門医機構発出文書
令和3(2022)年2月9日発出
日本歯科専門医機構「歯周病専門医」認証に伴う新規・更新申請について(お願い)
(1.5MB)

ページ先頭へ

承認済の歯科専門医共通研修一覧

「歯科専門医共通研修」とは

 (一社)日本歯科専門医機構(以下「機構」という。)が定めた「歯科専門医制度基本整備指針(Ver.2)」のⅦにおいて、「各専門領域の枠を超えた、医療人・歯科専門医として修得すべき基本的知識や態度(人間性や社会性を含む)に係る研修あるいは学修の機会等」で定義された研修を指します。
 2020(令和2)年度より、すべての歯周病専門医、ならびに歯周病専門医の新規取得を希望するすべての認定医において年間2単位の取得が義務化されました。
 日本歯周病学会では会員負担を考慮し、春季・秋季学術大会時のプログラムで「共通研修」認定を受けられるように講演プログラムを編成しております。

承認済の日本歯周病学会開催分「歯科専門医共通研修」一覧

年度 演題 演者名 開催時期 研修区分 単位数
2021 【2021年10月14日更新】
10月13日付で日本歯科専門医機構より認定医・専門医教育講演分については「共通研修」承認不可と連絡がございました。

①歯科における抗菌薬の適正使用について
②“歯周病患者における抗菌薬適正使用のガイドライン2020”について
小松澤 均
山崎和久
第64回秋季:認定医・専門医教育講演 Ⅱ②隣接医学・医療
学会員のための倫理申請 佐藤秀一 第64回秋季:倫理委員会企画講演 Ⅰ①医療倫理
「これからの医療安全」に向けて,もう一歩踏み込む,もう一度見直す ~「ヒューマンエラー」「バイアス」「RCA(根本原因分析)」,そして「確認」~ 鮎澤純子 第64回春季:認定医・専門医教育講演 Ⅰ②医療安全
倫理申請する側と倫理審査する側に求められるもの 岸 光男 第64回春季:倫理委員会企画講演 Ⅰ①医療倫理
2020 日常臨床におけるデータ収集と管理の重要性 辰巳順一 第63回秋季:認定医・専門医教育講演 Ⅰ①医療倫理
研究倫理・規制の最新動向と歯科医療に必要な留意点 栗原千絵子 第63回秋季:倫理委員会企画講演 Ⅰ①医療倫理

今後の開催予定

認定医・専門医教育講演については演題内容により、共通研修認定を申請予定です

年度 開催時期 演題 研修区分 単位数
2022 第65回春季 医療安全委員会企画講演 検討中
第65回秋季 倫理委員会企画講演 検討中
2023 第66回春季 医療安全委員会企画講演 検討中
第66回秋季 倫理委員会企画講演 検討中

ページ先頭へ

ページ先頭へ