認定医 新規申請

認定医の新規申請をする方へ(2022.6.15更新)

「認定医」とは、3年間以上研修施設で研修して、基本的な歯周治療の知識と技量をマスターした上で認定医試験に合格した歯科医師です。

Step1 申請資格

申請資格の確認をしてください。
申請資格チェックシート(40KB)

※各位の入会年月日の確認は「会員管理システム」にてご確認ください。

令和元(2019)年12月20日に「歯周病の新分類への対応」が公開されました。令和3(2021)年より本格実施となりますので、ご注意ください。
歯周病の新分類への対応(480KB)

認定医新規申請の際に、本学会が行う倫理に関する講演の受講(1回以上)が義務付けられております。平成30年6月1日より、研究倫理に関するe-Learningの受講もそれに代わるのとして認められております。

日本歯周病学会学術大会における倫理企画講演
e-Learning受講について(263KB)

Step2 申請と試験

第61回春季学術大会 認定医・専門医教育講演 「認定医申請のポイント」を参考に申請書類を作成してください。

1. 申請書類の提出

申請書類の作成

下記より申請書類をダウンロードして、「資料の作成基準および送付方法」「認定医専門医申請における医薬品・機器の使用に関する考え方」(薬機使用の考え方)を参考に作成してください。なお、申請書類は最新版で作成してください。

申請手続き(書類提出と申請料支払い)

申請フォーム送信後、申請書類を電子媒体と紙媒体の両方の形式でご提出ください。

A.電子媒体
「資料の作成基準および送付方法」に従い、申請書類を電子化されましたら、下記書類提出フォームよりお手続きをお願いいたします。

B.紙媒体
電子媒体の提出が終わりましたら、印刷した紙媒体を期日までに学会事務局まで提出してください。

申請フォーム

書類提出フォーム
※フォルダ内に各様式ファイルを収納してフォルダでアップロードしてください。フォルダ名を「例 認定医新規 歯周花子」としてください。
※提出時の各様式ファイル名は「例 認定医新規様式○ 歯周花子」としてください。

申請期間 ※下記期間以外の申請は受け付けておりません

2022年6月27日(月)~7月15日(金)提出(紙媒体郵送については消印有効)および入金完了

書類審査2022年7月頃を予定しています。

問合せ・申請資料送付先

特定非営利活動法人日本歯周病学会事務局
〒170-0003 東京都豊島区駒込1-43-9 駒込TSビル4階(一財)口腔保健協会内
TEL:03-3947-8891 FAX:03-3947-8341 e-mail:gakkai16@kokuhoken.or.jp

お問い合わせフォーム

2. 筆記試験について

申請期間直後に開催される学術大会前日に学術大会会場で筆記試験を行います。詳細は書類審査終了後、各申請者に郵送にてお知らせします。筆記試験は日本歯周病学会発行の用語集、ならびガイドラインを参考とした問題となります。
※諸般の状況により審査日および審査方法が変更になる場合がございます。郵送またはメールでの連絡を行い場合がございますので、必ず学会に登録している郵送物送付先およびメールアドレスを確認してください。
https://ohasys.net/login

注1)メールや郵送物の不受領に伴う対応はいたしませんので、定期的に本サイトおよびメールチェックをお願いします。不明点は学会事務局までメールでお問い合わせください。

注2)筆記試験辞退について
やむをえない理由にて筆記試験を受験できないと決まった時点で、事務局までご連絡ください。

Step3 登録と更新

登録について

理事会で認定承認をされた方は、下記1. および2. の両方の登録手続きをおこなってください。

  1. 登録申請書・認定医記念の楯申請書の提出
    合格者には登録申請書・認定医記念の楯申請書を送付しますので必要事項を記入し、郵送にて提出してください。
    ※認定医記念の楯は任意です。複数購入も可能です。
  2. 登録料:33,000円(税込)の入金・認定医記念の楯購入費用の入金
    合格通知書中に記載のある振込先へ定められた期限内に登録料を納入してください。
更新について

資格取得後、5年毎に更新申請が必要です。
認定医の更新申請の手続き

ページ先頭へ

チャート作成プログラム

様式8 作成プログラム(「JSP-Chart Ver4」自己解凍形式インストーラ)
※Windows7, 8.1, 10(32Bit,64Bit)対応
※現バージョン:Ver.4.0.6(2021.9.16update)
※操作マニュアルPDFは自動でインストールされます
【認定用チャート作成プログラムJSP-Chartバージョンアップのお知らせ(2021.9.16)】

JSP-ChartはWindowsで動くソフトウエアです。Windowsのバージョンアップや使用環境により、想定している機能が作動しなくなることもあり、バグフィクスも併せて、都度、バージョンアップを行っております。今回は全ユーザー対象に「Ver.4.0.6」にマイナーバージョンアップを行います。Ver4以前のバージョンのユーザーも可能ですので必ずバージョンをしてご使用ください。

内容:一部の機能(主にPCR)の動作が不安定になることを改善。
検査日をカレンダーから選べる機能を追加

方法:初期のセットアップと同様に、このサイトからダウンロードして実行。

手順:

  1. 現在のデータのバックアップを取る。外部のUSBなどが望ましい。
  2. このサイトから「JSP_Ver406.exe」をダウンロード
  3. JSP-Chartが入っているPCの任意のフォルダ(USBでも可)にコピーし、「JSP_V406.exe」を実行。
    確認のメッセージに従いインストールを進める。ほぼ「次へ」「無視」で進める。
    正常に終われば再起動して、メニュー画面の右上に「JSP-Chart Ver.4.0.6」が表示されれば完了。
    データや設定はすべて継承されます。
【JSP-ChartVer3からVer4へのバージョンアップ内容】

①PISA/PESAの実装
・従来と変わらない入力方法でPISA/PESAを自動計算(PPD計算有効値は12ミリまで)
・画面および提出印刷フォームにPISA/PESA値を表示 ※赤枠

②歯周ポケット深さ分類の中等度と重度の境界を、学会の指針に合わせ7mmから6mmに変更 ※青枠

③用語の統一 ※緑枠
・総歯数 を 現在歯数
・総インプラント歯数 を インプラント数
・BOP(+) を BOP(+)率

JSP-ChartVer3からVer4へのバージョンアップ内容

④操作方法とバックアップ機能の改善
・患者番号が指定されていない時の「保存」クリックでのエラー発生の修正
・起動時に使用するファイルのフォルダとファイル名を表示
・はい :表示されているファイルを使用
・いいえ:ダイアログ(ファイルを開く)で使用するファイルを指定
・データ保存時の「正常に保存されました」にフォルダ名とファイル名を表示
・ファイルの「コピーを作成」では、使用中ファイルを変更しないように修正
・バックアップファイル名の変更
・修正前:PNJSP2_YYYYMMDD_HHMM.mdb
(ファイル名の最初が固定されていた)
・修正後:使用中ファイル名_YYYYMMDD_HHMM.mdb
・データの復元で復元実行前にバックアップをするように機能追加
・復元実行前に戻せるようにバックアップを追加
・検査データ登録方法の改善
・修正画面で検査日を変更した場合に上書/追加の確認をするように修正
・追加/修正画面での追加時に、追加する検査日のデータが存在する場合に上書する/しないの確認をするように修正
・検査データ登録後の画面表示の改善
・追加/修正をした検査日の検査データを常に表示するように修正

⑤和暦年号変更対応
内部和暦を西暦に変更。表示もすべて西暦で統一

⑥Windowos10の内部変更に予防的に対応
・データベースへのアクセス制限に対応
・ネットワーク共有制限に対応

⑦WindowsXP、7のバグと内部変更に対応

  • 患者番号「99」番にサンプルデータがはいっていますのでそれを参考に操作説明をご覧下さい。
  • なお、インストール後にダウンロード先に作られるダウンロードファイル「JSP_V4.exe」は以後不要ですので、削除して頂いて結構です。
  • 「JSP-CHART」に関するお問い合わせは、お名前・所属・連絡先を記載の上、下記メールアドレスにお願いします。お電話では回答できません。
    gakkai16@kokuhoken.or.jp(cc:info@fod.jp.net)

ページ先頭へ