文字のサイズ
  • 小
  • 中(デフォルト)
  • 大

時事のお知らせ

震災被災者にも役立つ情報としてー少量の水での口腔清掃法

RSSフィード

東北地方太平洋沖地震をはじめとする大規模災害では、災害直後から日常とは異なる生活を強いられる事があります。特に口腔領域では、突然の災害による入れ歯の紛失、日々の口腔清掃の困難化等、多くのケースが報告されています。 今回の震災においても日本の歯科界より多くの先生が被災地に赴き、様々な口腔に関連した問題に取り組まれてこられました。当学会に関連される先生も多数援助に赴かれましたが、中でも高柴正悟理事(岡山大学)は、満足な水の供給が得られない環境下で、被災された方々の"口を清掃したい"という切実な訴えを目の当たりにされ、さらに口腔の衛生環境の悪化から懸念される肺炎の予防に配慮され、後日、 You Tube に「少量の水での口腔清掃法」を紹介されております。今回、高柴理事の許可と今後様々な場で活用頂きたいとの希望から、日本歯周病学会を通じて多くの方々に少量の水による口腔清掃法をご紹介致します。

時事のお知らせ

お読みくださいお読みください

ページ先頭へ